名称未設定 1

内容紹介(Amazon)

全国高等学校将棋成龍戦で準優勝を果たした釘宮志雄は、立身大学の将棋推薦枠を勝ち取る。
学生アマ棋士として新生活を始めた志雄だったが、年上女性への片思い、将棋のライバル、さらに幽霊まで加わって波乱の春を迎えるのだった。
挫折と再起の青春物語です。

過去二作のような連作超短編ではなく、普通の短編形式となっています。


それは青い学生棋士の物語

昔から、将棋は自分的できたらカッコいい趣味に常にランクインしておりました。
しかし、家には将棋の駒もあったのですが、どうしても駒の動きを覚えることができず、最終的に将棋崩し(一人で)と、将棋をキャラクターに見立てて遊ぶ戦争ごっこ(一人で)という黒歴史を作り上げただけで終了しましたorz

そんな訳で(?)憧れて止まない将棋をモデルとした本作「青の棋士」でございます。
作は以前、「惑星系女子」のレビューを書かせていただいた猫春雨様です。

読了後の感想と致しましては。
少年漫画の読切青春漫画の様に爽やかであります。

全国高等学校将棋成龍戦で準優勝。そして名門 立身大学の将棋推薦枠を勝ち取ったエリートでありながら、決勝の敗戦のトラウマの残る主人公 釘宮志雄。
そんな彼が、ライバルとの戦い、異性への憧れ、そして立ちはだかる壁の数々とぶつかりながら成長するという、まさに青春ドラマが描かれております。

短編作品の為、それらが凝縮して描かれておりますが(読切の印象はまさにそこから)、キャラクターや舞台の密度はとても深く感じ取れます。

当然、将棋の勝負シーンも随所にあるのですが、先述の様な将棋知識が残念な人間でも雰囲気で楽しむことができましたので、将棋知識無い方でも全然問題ないかと。
全体的に専門的になり過ぎず、ビジュアル的に描かれているので、そこも漫画的要素感じた要因かもしれません。


登場キャラクターについても、青春作品的に好感の持てる感じとなっております。
主人公の釘宮君は勿論ですが、彼が片思いを寄せるヒロイン『高野響』、彼の最大の壁となる幽霊(!)『高野誠』、ライバルキャラクターであるところの『増岡拓斗』など、それぞれの役割に合った性格や言動で、ストーリーを盛り上げてくれます。

個人的には、釘宮君が作中で入学した大学の将棋部部長 多々良先輩(メガネで笑顔キャラ)がいかにも只者ではなく、きっとアニメ化したら人気出ると思った次第であります(゚д゚)<?

暑い日が続いておりますので、爽やかな文化系青春小説はいかがでしょうか?


作家さん情報(Amazon)

著者:猫春雨

2003年、漫画の原作者として執筆活動を開始。3作ほど漫画化される。その後、ウェブにふさわしい文章形態はと考え、2007年頃から超短編に取り組む。
作品は、小説投稿サイトと自サイト『ささやかな物語』にて発表。
2012年、樹立社ショートショートコンテストにて学園ファンタジー『転校予報』が5等星入賞。
2013年には、WEB文芸誌『窓辺』に参加し、怪奇幻想短編『十二支奇談』の連載を始める。
ツイッターにてツイッター小説を書くことを日課としている。

■リンク:

・猫春雨ブログ『fairy drop』
http://blog.livedoor.jp/fairy_drop/


・WEB文芸誌『窓辺』
 http://madobe.jp/index.html


twitter:@nekoharusame
青の棋士
猫春雨
2013-06-30