名称未設定-1

内容紹介(Amazon)

3年半かけて書かれたツイッター小説2,000篇の中で、今のところ最も「お気に入り=ふぁぼられ」数が多かった作品のうち、上位100篇を収録。時事ネタや文学ネタ、ブラックジョークに童話、ホラー、SF、ファンタジーなど、ジャンルは多岐に渡ります。

出版に際して問題がありそうな作品は出来るだけ除外しましたが、それらは著者のツイッターアカウント @shinichikudoh 及びタグ別にログを読める「Twilog」の「shinichikudoh/hashtags-twnovel」で読めます。

副題にある「twnovel」とは、作家・内藤みか先生が考案された「ツイッター小説であることを示す文字列=ハッシュタグ」のことで「ツイノベ」と呼ばれたりもします。「ツイート=つぶやき」内に「#twnovel」と記載する必要があるため、このタグを使った作品群は、ツイッターに投稿できる上限140字ではなく、タグ及び前後につけるスペース分の9字を除いた、131字が上限となります。ツイッターで小説を書いているユーザの中には「#twnovel」以外のタグを使ったり、そもそもタグを使わない方もいますがツイノベ・ユーザは数多くいます。

なお表紙に使用していた「ポンティアナ」と呼ばれる首抜け妖怪の画像がグロテスクすぎるとのアドバイスがあったため、現在のものに変更しました。また編集の過程で問題があったため、当初は横書きだったのを縦書きに変え、ツイッターへのリンクも削除しました。読みやすくなっていれば有難いですが、何か問題があれば、ご連絡ください。

その131文字の可能性は、無限大に広がっている

twitter。
「燃えよ!個人出版」でもお世話になっておりますこの140文字制限のSNS。
この、本来は呟きでしかなかったtwitterが「twnovel」という形で昇華され、短い文章の中に無限大のストーリーが詰め込まれているというのを、KDPの本を読むことで知りました。

本作「寝付けない時には(twnovel@shinichikudoh) 」は、作者である工藤伸一さんがなんと2000篇(!)も書かれたtwnovelから、厳選100篇が収録された作品となります。

ジャンルが様々なら様式も様々で飽きることはまずありません。
ただ数が多いという訳でなく、厳選された作品というだけあって非常に頓知が利いている作品が多く、思わず「そうきたかぁ!」というオチもあり、読み応えは十分あります。
twnovelの持つ可能性を思う存分感じることが出来ます。

そして何といってもこの131文字の持つ心地よさの妙。
電車の中で、ちょっとした待ち時間で、お湯の沸く間など、本当にちょっとした時間の間でも気軽に楽しめるのも本作の良さですね。

あと、時々下ネタ的なお話もあります(●´ω`●)。
苦手な方は飛ばし飛ばし読めばいいと思います。
気にならない人はガン読みすればいいと思います。
ちなみに後者です。<キリッ


さて、ぜひこの作品の魅力をぜひ知っていただきたく。
本作にも収録されている作品以外にも工藤さんの作品を楽しめる場所ということで、Twilogをご紹介いただいておりますので、こちらもぜひ! Twilogへ:工藤伸一@ワサラー団@shinichikudoh


作家さん情報(Amazon情報)

【作家名】工藤 伸一
■文学・サブカル・ゴシックを嗜むスキゾギーク
■ブログ:悪魔が昨日、し忘れたこと。 http://goo.gl/yyPBJ
■『新文学』同人 http://goo.gl/m4Efc
■ツイッター小説は約2千篇 http://goo.gl/PMxiX
■うち2篇収録『3.11心に残る140字の物語』 http://goo.gl/QuKPI

寝付けない時には(twnovel@shinichikudoh)寝付けない時には(twnovel@shinichikudoh) [Kindle版]
著者:工藤 伸一
出版: 書肆工藤
(2013-02-04)