名称未設定-1

内容紹介(Amazon)

——僕の言葉は枯れ葉となり、色のない地平線へ沈んでゆく。

“すこしふしぎ”な世界観を放つショートショートストーリー集です。
・エンドオブワールド
・まほろば
・花のうた
・箱庭
・竜の魔法
・ソラ
・砂のうた

上記全7作品収録。

かわいくて、やさしくて、ほんのすこしだけ切なくなるような物語が、ここにあります。
日常からちょっと息抜きをして、少し不思議な世界を覗いてみませんか?



その一節は優しくて切ない。

もし、あなたがいつもの日常に疲れ、どこか遠くの世界を求めたときは、この作品を手に取ることをオススメします。<求めていました

本作、「まほろば」は、著者のくまっこさんの、高い感性が生み出す詩情溢れる短編集です。 全7話で構成されており、それぞれ舞台もモチーフも登場人物も違うのですが、どの話も不思で独特の空気を持っています。

そして、どの話にも共通することですが、短編集でありながら、永く大きな世界の一コマを切り出したような深さを感じます。
例えば、ソラという神話(ジャンル的には御伽噺と神話の合いの子の様なお話)は、神に恋した天使の悲話ですが、まるで壮大なファンタジー世界のはじまりを示す様なお話で、読みきってみると、ある意味序章の様にも感じました。
きっとくまっこさんの頭の中には、いくつもの世界が作りこまれているのではないかと思う程です。。。

しかし、世界を広く感じさせながらも、詩的な文章のお陰で派手に成り過ぎず、むしろ、非常に女性的で優しい表現になっている所がまた読んでいて心地良いです。
表紙の素晴らしいイラストも相まって、全体的に乙女チックな印象の強い作品ですが、内容は作りこまれておりますので、男性でも普通に楽しめると思います。

最後に、ストーリーとは直接関係ないですが、各タイトル表記のページのレイアウトが可愛くて好きです。

全体的な完成度の高さに惚れました


作家さん情報(Amazon情報)

【作家名】 くまっこ (著)
文学フリマやコミティアなどの同人誌即売会を中心に、文庫本(短編集)や豆本を手作りして展示販売している物語作家。
本のデザインやイラストも 自身で手がけている。
また小説本の他に、写真集やお料理レシピ、 豆本の作り方など、幅広く執筆、販売している。
ブログ:「くまっこにっき。」

椎名麻子 (イラスト)
ツイッター:https://twitter.com/asako3

まほろばまほろば [Kindle版]
著者:くまっこ
出版: 象印社
(2012-11-02)