名称未設定 1のコピー

内容紹介(Amazon)

耽美系短編小説 文庫換算(38字×18行) 約57ページ
【美しき蛮族の王と、彼を訪ねた学術調査団。出会いは幸運なのか、悲劇なのか。「何をもって野蛮と決めつけるのですか?われわれの文明が彼らより洗練されたものであると、どうやってあなたは知るのですか?」…】

十九世紀。
イギリスの学術調査団が、南米奥地に住む幻の部族を訪ねる。
一行を 率いる初老の研究者キャバリエは、若く美しい王と念願の対面を果たす。
いっぽう、キャバリエを父と慕う青年マイヤーは、
その部族が儀式に使う香を手に入れるため神官に取り入り、
本来「異国人」には許されない託宣の儀式を受ける。
その行為はキャバリエとマイヤーの関係を狂わせ、
やがては王の運命を狂わせる。


美しき蛮族の王。その存在がこの耽美なる悲劇を生んだ。

かつて、現在のペルー、ボリビア、エクアドルに跨ぐ広大な大地に築かれた大帝国があった。
西暦1533年、スペイン人のコンキスタドールに滅ぼされる約95年の間、繁栄を続けた国家。
太陽神の御許、天をつくアンデスに空中都市を建設した、誰もが知るであろう

― タワンティン・スウユ 俗にいうインカ帝国である。 ― (♪ 異人回廊)

というNHKドキュメンタリーチックな前説を勝手に書きたくなるほど未知なる世界への高揚感と、
その先で描かれる耽美な世界が描かれたのが、本作「王殺し」です。


舞台は十九世紀。
南米奥地に住む幻の部族を、研究者キャバリエ率いるイギリスの調査団が訪れる。
若く美しい蛮族の王が治める国は、調査団を歓迎するものの、かつてからの掟に従い、深い交流をすることはなく、託宣の儀式(王が神託を得る儀式)については、その一切を明かすことはなかった。

調査団には、マイヤーという青年がいた。
キャバリエを父と敬い、医学に精通し、異国文化にも強い情熱を注ぐ彼をキャバリエもわが子のように思っていた。

多少の難はあったものの、研究は順調に進んでいた。
最大の謎である「託宣の儀式」を、マイヤーが体験することになる、その日までは・・・。

この託宣の儀式は、2人に、調査団に、そして王ですらも巻き込む大きな事態に発展していく。

『では、先王は・・・』

『先王?』

『前の王です』

『そんなものはいない。王は一人だ』

その言葉の意味する、大きな因果とは・・・!


どうですか。
何だかちょっとワクワクというかドキドキしてきませんか?
大きな謎に直面するまでの冒険劇は、文化考証を交え、見ごたえ十分です。
特に調査団の2人が、調査結果を交えながら考察するシーンは興味深いものがあります。

そして、キーワードの「耽美」という、普段あまり見ない単語の意味は、
この大きな謎にこそ隠されています。

個人的には、耽美的というよりも悲劇的な印象を受け、同時に王への儚さ、哀れさを感じました。
最後は、何というか「嗚呼・・・」と言いたくなる様な。。。<謎

読了後は感慨にふけるといいましょうか。
きっと遠い目をしていたと思います。


ストーリーの構成、内容はとても濃くて読み応えもありますので、ぜひ読んでいただきたい作品です。


作家さん情報(Amazon情報)

【作家名】牛乃あゆみ

公式ツイッター: 牛乃あゆみ(兼ホズマー・エンゼル)@Ayumi_Ushino


王殺し王殺し [Kindle版]
著者:牛乃あゆみ( @sussanrap )
出版: SUSSANRAP
(2012-12-19)