kotatu

内容紹介(Amazon)

何気ない日常で、突然、妻がこたつに寝たまま起きてこなくなってしまった?! まるで小熊が冬眠でもしているみたいに。
 一体彼女に何が起きたのか? 心温まる、ちょっと可笑しくて不思議なハートウォーミング短編小説。
衝撃の処女作「流れ星」に続く、待望の第二作目。今回は、こたつがテーマ。こたつの中で渦巻く少宇宙。今夜こたつに入ったら最後、あなたにも不思議な世界が待っている。

登録情報(Amazon)

  • フォーマット:こたつ [Kindle版]
  • ファイルサイズ: 144 KB
  • 紙の本の長さ: 13 ページ
  • 出版社: Sean Miura; 1版 (2012/11/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語 日本語
  • ASIN: B00AEEB8FS

こたつ大好き(・ω・)ノ

「こたつ」って、何であんなに眠くなるんでしょう?

今回のお話は、冬の風物詩「こたつ」に関係するお話でした。

「こたつ」で寝てしまって、そのまま起きてこない妻。。。

眠っている妻に何が起こっているのか?

「無理して頑張らなくていい」、「ゆっくり休んで」、そんなメッセージが込められた、心もあたたまる「こたつ」のお話しでした。


海外には「こたつ」はないのか?と思い調べてみると、こんな記事を見つけました。

http://www.yukawanet.com/archives/3538641.html

--海外の反応
「ああ、これは冬に猫を保管する装置だよ」  面白い感想が
海外の人には不思議な装置みたいです




こたつこたつ [Kindle版]
著者:Sean Miura
出版: Sean Miura
(2012-11-26)